komenuka_6 bottles_big window+.jpg

あんしん あんぜん よいしな

 

はじめまして、meririma(メリリマ)です。

わたしたちは「大切な家族のためのより良い食品や日用品」を提案する、

小さなプライベート・ブランドです。  

 

「米ぬか油」誕生ストーリー 企画開発を担当したのは、三人の子どものおかあさん。

アレルギー体質の子どもたちを育てるうち、 我が子に安心して食べさせられる

高品質な食用油を作りたい… という思いから、 「米ぬか油」が 誕生しました。

 

そんなおかあさんが 「米ぬか油」について わかりやすく解説します。

 

圧搾油は非加熱で!

 

食用油には大きく分けると、圧力をかけて搾られる 圧搾油と溶剤で抽出される精製油があります。

エクストラヴァージン・オリーブオイル、ココナッツオイル、ごま油、えごま油、亜麻仁油など…

これら圧搾油は栄養価が高く  高品質の優れた食用油ですが  加熱すると160度〜170度で

 過酸化物質やトランス脂肪酸  などの悪性物質が発生し劣化、 栄養素も壊れてしまいます。 

圧搾油は熱を加えずに、スムージーやドレッシング、 和え物など、生の状態で摂ることが大切です。

精製油はこわいもの?

 

一方、精製油は高温でも劣化・変質が少ないので加熱調理に適していますが、

製造工程での高温処理でトランス脂肪酸が発生すると言われています。

現在、スーパーやインターネットで安価で売られている精数油の多くは、トランス脂肪酸が

含まれていたり、シリコンが添加されていたりと、その安全性を疑問視する声もあります。

また、溶剤による抽出も気になりますね。

高品質の精製油なら安心

 

そうは言っても、子どもたちは、からあげにトンカツ、フライドポテトが大好き。

だから、掲げ物や炒め物 などの加熱調理に適した「安心できる 高品質の精製油」がほしい!

そこで企画・誕生したのが メリリマのはじめての製品 である「米ぬか油」です。

メリリマの「米ぬか油」を製造している工場では、抽出前段階を工夫する事で、

独自の低温による抽出方法を採用。

また、脱臭工程では真空蒸留を使い、 温度管理を徹庭することで

トランス脂肪酸の生成を極力抑え、安心して使える米ぬか油を精製しています。

米ぬか油を台所のスタンダードに

 

メリリマ「米ぬか油」でじゃがいもを揚げたフライド ポテトを食べてみてください。

油っぽくなく、ベタつ かない優しい仕上がりに、きっと驚かれると思います。

まずはシンプルに、野菜の素揚げや卵焼きで、この 「米ぬか油」の素晴らしさを実感してください。

 

精製油の中でも、米ぬか油は特に劣化しにくいという 特徴があるので、

天ぷらやフライ、から揚げなどの揚 げ物に適しています。

また、繰り返し使用しても素材 の風味や色を損ないません。

そのため、とてもエコで 経済的。調理器具への焦げ付きが少ないことも、とても 助かりますよね。

米ぬか油はご家庭で毎日使う 定番オイルとして最適です。

また、メリリマ「米ぬか油」はキッチンに出しっぱなしでもおしゃれなガラスボトルデザイン。

ガラス容器は 微量の空気を通すプラスチック容器に比べ、保存性が 高くなり劣化を防ぎます。

メリリマ 米ぬか油 9つのこだわり

 

①100%国産原料&国内工場生産

メリリマ「米ぬか油」の原料は100%国産で、主に中部地方〜 愛知岐阜産の米ぬかを使用。

中部地方の米油専門工場で原料の 手配を行い、搾油精製も全てその工場で行なっています。

その後、国内の充填工場でパッケージしています。

②「遺伝子組み換え米」不使用

日本では遺伝子組み換え米の流通が許可されていないため 遺伝子組み換えの心配はありません。

 

③残留農薬、放射能検査の徹底

原料の米ぬかの受け入れ時と、油の精製完了時の二度に渡り 残留農薬・放射能検査を行っています。

 

④独自の低温抽出

世界特許を取得した低温抽出法を採用。低温で油を抽出する ことができ、温暖化の原因となる

CO2の排出や大気汚染、 廃棄物を大幅に削減できる、環境にやさしい抽出方法です。

また、独自の蒸留脱酸法は、従来の精製に使用する化学物質を 90%近く削減した、

環境にやさしい精製方法です。

この技術により、米ぬか油に含まれる「γオリザノール」を 多く含む米ぬか油を精製しています。

 

⑤ノンシリコン

食用油の中には、大量の揚げ物をする際に発生する泡立ちを 抑える為にシリコンが

添加されているものがありますが メリリマ「米ぬか油」はシリコンを加えていません。

 

⑥トランス脂肪酸の分析

「米ぬか油」は100%米糠からつくられるので、本来トランス 脂肪酸を含んではいません。

しかし、脱臭工程の加熱で発生 する可能性があるため、製造ロットごとにトランス脂肪酸の

分析をしており、概ね1%以下となっています。

※EU〜例えばデンマークでは1%未満をゼロとみなしており、それよりも低い値です。 詳しくは、メリリマのホームページのFAQ(よくある質問)をご覧ください。

 

⑦アレルギーテスト済み

「米ぬか油」には食物アレルギーの原因となるタンパク質が 含まれていないため、

安心してお召し上がりいただけます。 また、アレルギーテストも行っています。

 

⑧ヘキサン不検出

 

製造ロットごとに残留ヘキサンの検査をし、 ヘキサンが不検出となっていることを確認しています。

※ヘキサンは、植物油脂の抽出を目的に使うことが 厚生労働省より認められている溶剤です。

 

⑨保存性の高いガラス瓶

 

微量の空気を通すプラスチック容器に比べ、 ガラス容器は保存性が高いので油の劣化を防ぎます。

メリリマ「米ぬか油」はリユース・リデュースに適した ガラスボトル容器です。

​検査結果について

ヒドロキシノネナールについて

米ぬか油の放射能検査について

2020年度の検査結果を公開しました。

ヨウ素、セシウム共に検出下限未満の数値となっています。

​詳細はPDFファイルをご確認ください。

DSC06616.JPG

メリリマ

Kome-Nuka oil(米ぬか油)

原材料:食用米油

内容量:660g

価 格:1,380円 (税込 1,490 円)

公式ストアで購入

楽天市場で購入